【2018年版】春休み(2月、3月)に合宿免許を取る!

 

運転免許を取得する場合は春休みの合宿免許が便利でスムーズです。
利点としては短期間で取得できることです。

 

春休みに地方で合宿免許を取ろう!

 

期間としては約2週間程度です。
少し手間取っても3週間あれば十分です。自宅から通う場合には集中できないため、その何倍もの時間がかかる場合が多いです。

 

また、自宅から自動車教習所に通う場合には、自分で教習予約を入れなければなりませんが、合宿では、教習所側で予定を組んでくれるので予約手間がかかりません。
また、自宅から通っていると教習所以外の予定が入りやすく、免許所得に集中できません。
免許所得に集中するため、運転が苦手な人にも技能が身につきやすいです。

 

毎日自動車を運転するため習熟スピードがアップします。
授業で習ったことをすぐに実践することができます。
多くの合宿免許教習所は地方にあるため、路上教習が楽です。
地方の道路は比較的道路が広く、交通量も少ないため基本的な運転技能の習得には最適です。

 

春休みの合宿免許は温かい気候

 

一番のメリットは全国に合宿できる所があるため、レジャー感覚を楽しむことができます。
普段なかなか行けない地域を選ぶことができます。
自分が一度も訪れてことがない場所を選ぶのも楽しいです。
日本全国には様々な観光地があるので場所の設定は迷ってしまいます。

 

とはいえ、春休みであれば、夏ほど暑くなく、既に暖かくなっているので、免許も取りやすい季節といえます。

 

観光も目的にする場合には宿がある場所もチェックした方が有用です。
宿からの交通の便が不便なところでは行動範囲が狭まります。
バスや電車などの公共交通機関が近くにある宿があれば選ぶべきです。

 

地方で免許を取ることの醍醐味

 

逆に、観光は考えずに静かなところで自分を見つめ直しのも良いです。
その場合には街中から遠いところがよいです。
近くに公共交通機関がなければ出かけることが難しいので出かけたいという誘惑に負けることがありません。

 

大自然の中で美味しい空気を満喫することも良いです。
1日のある程度の時間は学科教習は運転技能教習に時間を使いますが、一定程度の自由時間があります。
滞在期間の2週間程度あるため計画的にその地域を探索することができます。
1泊2日程度の旅行とは違い、まるで移住したような気分になり、地域に溶け込むことも可能です。
できれば気の合う友人とともに行けば、人見知りでも楽しく過ごすことができます

 

春休みは出会いの季節

 

また、ひとりで参加にても新しい出会いが生まれることが多くあります。
毎日顔を見るため、自然に親近感がわき、人見知りでも友人になりやすい雰囲気が生まれます。
同じ目的で合宿しているため、共通の話題ができて意気投し、カップルになる場合もあります。
年代的にも近い人が多くいます。
普段一人暮らししている人には食事がついていることが魅力です。

 

こんな人におすすめ:春休み合宿免許

 

春休みは18歳の場合には高校を卒業し、大学に入学する間の期間なので学業に影響しません。
就職や転職する場合にも良い時期です。
4月以降では会社へ出勤しなければならず、なかなかまとまった時間を確保することができません。
春休みであれば入社前なので自由に時間を確保することができます。
社会人になってから取得するのはいろいろと忙しく取得するには苦労が多いです。

 

料金設定を確認しよう

 

なお、合宿を決める場合には十分検討してから決めるのが有用です。
宿泊場所も様々なため、自分に合わない雰囲気の場合もあります。
可能であれば下見をすることも有効です。

 

料金に関しても自宅から通う場合に比べて安価に取得できます。
料金設定に関してもどこまでが料金に含まれているかを事前に確認することが有用です。

 

例えば、

 

✔ 朝食や昼食が料金に含まれているかどうか
✔ 一人で一部屋を使う場合の差額料金はあるのか
✔ 部屋のグレードや、内装はどんなものか
✔ ホテル的な部屋なのか。アパート的な施設なのか

 

などなど。

 

なお、多くのところで安心プランなど、取得保証付きが多く存在します。
卒業まで何回も失敗してしまっても追加料金がかかりないという卒業までの保証を歌っている施設が多くあります。
失敗毎に補修が必要な通学教習所と異なり当初想定した費用で取得が可能です。
しかし、教習所によっては保証付きとなっていても、失敗は1回までであったり、2回までであったり、回数制限がある場合もあります。

 

合宿免許か、通学か、どちらの方式により取得するかは、自分のライフスタイルや好みにより選択することが有用です。