夏休み(7月、8月、9月)は合宿で免許を取得!

大学生の夏休みは、高校生活では考えられないくらい長い休みをもらえます。

その夏休みの間に、学生は合宿免許で、車の免許を取る人が全国にたくさんいるので、社会人になる前に、この期間を使って、免許を取るのはすごく有意義です。

 

合宿免許と通学免許の違い

 

一般的に通学免許は、自動車の運転免許を取得する際は自動車教習所に通い、二ヶ月から三ヶ月程度の期間を掛けて卒業検定まで合格して卒業した後に本学科試験を受け、合格すれば晴れて運転免許を取得することになります。

 

しかし、この方法では自分の予定に合わせて教習のスケジュールを組めるという点ではメリットがあるものの、取得までに2〜3ヶ月と、長い期間が掛かり、何度も教習所に通わなければならないため効率的ではありません。
そこで、2週間程度の期間で集中して教習を受けることで、卒業検定の合格を目指すというシステムがあります。

 

そのシステムが合宿免許で、自動車教習所が指定するホテルや宿泊所に泊まり込んで卒業検定合格までのスケジュールを短期間で行うものです。

 

泊まり込みで教習を行うため自由時間は少なくなり、期間中は帰宅することが出来ませんが、通常の教習所であれば二ヶ月程度の期間が掛かることに対して、たった2週間程度の期間で本試験を受ける手前までの教習を終えることが出来るのです。

 

夏休みの合宿免許は、グループ参加でもOK

 

合宿という形式であるため参加するのは、大学生や長期休み中の学生が多く、特に7月から9月という長い夏休みや、2月から4月前半までの春休みが与えられる大学生が多く参加しています。

 

個人で参加することはもちろん、グループで参加することも出来るので、服数人の友人グループで参加する大学生も少なくありません。合宿期間中は慣れない運転教習と学科教習で勉強漬けになり、疲労も溜まるため、気心が知れた仲間とともに参加することで励まし合いながら卒業検定の合格を目指すことが出来ます。

 

全国に友達ができる

 

合宿免許を夏休み中にとるという学生も多く、全国からたくさんの人が集まります。
そこで、もしあなたが、大部屋で共同生活を選べば(共同生活が苦手な方、シングルルームのプランも選べます)、宿舎が同じ部屋になる仲間と仲良くなって、全国に友達ができるかもしれませんね。

 

卒業したあとに、それぞれが遊びや旅行にいくということもあります。
それも、学生の長期の夏休みならでは。

 

社会人ではなかなか実現できない、楽しい共同生活になりますよ!